スポンサードリンク
プロフィール

アウトドアのスキルアップを目指しながら本気の遊びから自由を求めるExplorers隊長

Author:アウトドアのスキルアップを目指しながら本気の遊びから自由を求めるExplorers隊長
もとインドア派で、いまはアウトドアからインドアまで両方OKな、Explorersという集団の隊長です。

メインブログ
キャンプ以外のことも書いていますので興味のある方はどうぞ

隊長がいろいろとやってみた
検索フォーム
ポイントサイト
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
アマゾンや楽天の買い物でポイントを
2重に獲得できたりお得です。
Ad

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Explorers隊員数
34

花粉飛び交うこの季節にあえて自然に飛び込む!

花粉が飛びまくりでとてもアウトドアという状況じゃないと思いますが、あえて山奥に行ってきました。

なんというか、ブログのネタも無いし何かやらないといけないですからねw


今回から始まったシリーズ。

そのコンセプトは土曜日が休みの日はデイキャンプとかバーベキューをやろうというものです。
可能ならば、行ったことのないキャンプ場でデイキャンプを楽しみつつ、そのキャンプ場を探検する。


こんな感じでやれたらいいなと。



そんな今回の目的地は「鬼怒川温泉オートキャンプ場」。
結構時間がかかるかなと思ったものの、途中買い物をした時間を入れても2時間半で来られるのはなかなかいいんじゃない?

これで高速を使ったら1時間半とか。



そんなわけでキャンプ場の入り口に到着しました。
IMG_1719.jpg

もういきなりこんなんとかw
2015031601.jpg
なかなかスリリングな急な下り坂を降りるとキャンプ場が見えてきました。

2015031502.jpg
2015031503.jpg

鬼怒川のほんと真横くらいにあるキャンプ場で、とてもロレーションはすばらしいです。
ただ、季節によってはダムの放流とかあるので、水かさが増したりするので、河原に降りられない時間帯があったりするようですけど:(;゙゚'ω゚'):


早速受け付けに行くとしましょう。
車を手前に止めて、木々の間の坂道を抜けると受付施設が見えてきました。
2015031504.jpg

中では管理のおじいさんがコタツでテレビを見ていましたww
2015031505.jpg
壁には沢山のサインが貼られていて、結構有名な場所のようです。
2015031506.jpg


受付施設にはお菓子やジュース、お酒だったり、バーベキュー食材から薪、着火材、炭など色々な物が揃っていました。
わざわざ買ってくる必要は無かったようです。


ついでに食堂まであるので、夏は鬼怒川で遊んで食堂で食事をするといったお客がとても多いらしいです。
キャンプを楽しみに来た人たちにとっては、賑やかすぎて静かに過ごせそうもありませんがw



ひとまず受け付けも済まし、敷地内の案内もしてもらったので、次回はキャンプ場を紹介していきたいと思います。


つづく
関連記事


2

Comment

  1. itchann

    itchann

    2015-03-17 (Tue) 07:10

    看板が気になります。
    上滝乃湯っていったい…?

    ひょっとして温泉とかもあるんでしょうか?
  2. 隊長

    隊長

    2015-03-20 (Fri) 01:58

    これはポイント高いと思いますよね

Comment Form

Comment Form
Return to Pagetop