スポンサードリンク
プロフィール

アウトドアのスキルアップを目指しながら本気の遊びから自由を求めるExplorers隊長

Author:アウトドアのスキルアップを目指しながら本気の遊びから自由を求めるExplorers隊長
もとインドア派で、いまはアウトドアからインドアまで両方OKな、Explorersという集団の隊長です。

メインブログ
キャンプ以外のことも書いていますので興味のある方はどうぞ

隊長がいろいろとやってみた
検索フォーム
ポイントサイト
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
アマゾンや楽天の買い物でポイントを
2重に獲得できたりお得です。
Ad

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Explorers隊員数
6

飯盒炊爨は難しい?いやいや意外と簡単にできるんですよ

飯盒炊爨ってなんだか難しそう。失敗して、半生とか黒こげにしてしまいそう。そんなことを考えて、ご飯はコンビニやスーパーの惣菜コーナーで白米やおにぎりで済ましてしまう人ってきっと多いですよね。でも、折角のバーベキューやキャンプに来たのですから、飯盒炊爨しましょうよ。※はんごうすいさんと読みます。はんごうすいはんではありません。飯盒で炊いたお米はめちゃくちゃ美味しいです。ちょっとおこげなんかができたとこ... <a href="http://explorersx.blog.fc2.com/img/NEC_0255.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-77.fc2.com/e/x/p/explorersx/NEC_0255s.jpg" alt="飯盒炊爨ってそんなに難しくない" border="0" width="300" height="225" /></a><br /><br />飯盒炊爨ってなんだか難しそう。<br />失敗して、半生とか黒こげにしてしまいそう。<br /><br />そんなことを考えて、ご飯はコンビニやスーパーの惣菜コーナーで白米やおにぎりで済ましてしまう人ってきっと多いですよね。<br /><br /><br />でも、折角のバーベキューやキャンプに来たのですから、飯盒炊爨しましょうよ。<br />※はんごうすいさんと読みます。はんごうすいはんではありません。<br /><br />飯盒で炊いたお米はめちゃくちゃ美味しいです。<br />ちょっとおこげなんかができたところなんてめちゃくちゃやばいですよ!<br /><br /><br />今回はとても簡単な飯盒炊爨の手順を紹介します。<br />ちゃんとしたやり方とかありますけど、そんなの適当でいいんですw<br />ちなみにシチュエーションは河原ということで薦めていきます。<br /><br />まずは、お米を研いでお米と、その倍ぐらいの水を飯盒に入れておきます。<br /><br />そして、河原には大小さまざまな石が沢山転がっていますね。<br />それらを集めてかまどを作りましまょう。<br />これだけでテンションが上がってきます。<br /><br />そして手頃な棒を調達します。<br /><br />小枝などに火を付けて、火力を高めてオガライトに着火します。<br />薪とか手間がかかるので、オガライトで十分です。<br /><br />火の準備ができたら飯盒を棒に通して、かまどに乗せます。<br /><a href="http://explorersx.blog.fc2.com/img/NEC_0255.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-77.fc2.com/e/x/p/explorersx/NEC_0255s.jpg" alt="飯盒炊爨ってそんなに難しくない" border="0" width="300" height="225" /></a><br />飯盒の底が火に包まれるように火力を調節して10分ほどすると、フタの隙間から噴出しはじめます。<br />どうしてもフタが開いてしまいそうになるなら、その辺の小石を乗せてやりましょう。<br /><br />そしたら火力を上げて飯盒の側面が火に包まれるようにして10分ほど。<br /><a href="http://explorersx.blog.fc2.com/img/NEC_0257.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-77.fc2.com/e/x/p/explorersx/NEC_0257s.jpg" alt="飯盒炊爨も佳境" border="0" width="300" height="225" /></a><br />フタから噴出さなくなり、上から棒などでフタを押しても抵抗を感じなくなったら完成です。<br /><br />かすかな香ばしい香りがしているはずです。<br />ちなみに叩いたりとかは絶対にしないようにしましょう。<br />飯盒が変形して失敗の原因になります。<br /><br />そしたら最後にフタを下にして裏返すようにして10分~20分ほど放置します。<br /><br />するとフタの方に溜まった蒸気が満遍なく全体にいきわたり美味しくなります。<br /><br />これで完成!<br /><a href="http://explorersx.blog.fc2.com/img/NEC_0265.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-77.fc2.com/e/x/p/explorersx/NEC_0265s.jpg" alt="美味しく炊けましたー" border="0" width="300" height="225" /></a><br /><br />これでも面倒という人は、最初から強火で飯盒の状態を見ながら20分くらいすればそれなりにできます。<br />ただし、油断すると一部が半生とか底が黒こげになるので、匂いや噴出し具合で判断しましょう。<br /><br />パチパチ言い始めたらいろんな意味で終了ですw<br /><br />ちなみに始めての飯盒炊爨の模様は「<a href="http://xn--n8jaw2ftasm0qqb9eb71112ae6c.com/?p=15975" target="_blank" title="花ベキュー 2009 ">花ベキュー 2009 </a>」をご覧下さい。<br /><br /><br /><br /><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/explorersx/6/clap" id="fc2button-clap-6" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-6").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/white/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/explorersx/6/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="http://explorersx.blog.fc2.com/blog-entry-6.html" data-text="飯盒炊爨は難しい?いやいや意外と簡単にできるんですよ" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="https://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div> <div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="https://www.facebook.com/v2.9/plugins/like.php?href=http%3A%2F%2Fexplorersx.blog.fc2.com%2Fblog-entry-6.html&amp;send=false&amp;layout=button_count&amp;width=160&amp;show_faces=false&amp;share=1&amp;colorscheme=light&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;app_id=290292324472569" scrolling="no" frameborder="0" style="border:none; overflow:hidden; width:160px; height:21px;" allowTransparency="true"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"> <div class="line-it-button" data-lang="ja" data-type="share-a" data-url="http://explorersx.blog.fc2.com/blog-entry-6.html" style="display: none;"></div> <script src="https://d.line-scdn.net/r/web/social-plugin/js/thirdparty/loader.min.js" async="async" defer="defer"></script> </div> </div>
    Return to Pagetop